プライベートヴィラとは何ですか?
世界屈指のリゾートバリ島に多く点在する個人所有の別荘。目の前に広がるオーシャンビュー、専用プールやスパルームなどの贅沢な施設の数々、24時間体制のサービスの提供など、ゲストを心から満足させるさまざまな配慮がなされている施設です。
プライベートヴィラでは日本語は通じますか?
プライベートヴィラには、日本語を話せるスタッフはおりませんが、当社では日本人スタッフに直通の携帯電話をご滞在時に無料でお渡しさせて頂きますので、困ったことがあればいつでもご対応させて頂きます。
プライベートヴィラに食べ物、飲み物は持ち込むことはできますか?
はい、もちろんお持込み頂いて結構です。
ヴィラ内でもご準備させて頂いております(有料)ので、必要であればご利用ください。
プライベートヴィラでは朝食や夕食はついていますか?
ほとんどのプライベートヴィラではご朝食はついております。
夕食につきましてはヴィラ専属シェフにその場でオーダーして頂くことが可能です。
プライベートヴィラ内には24時間スタッフは常駐しているのですか。
はい、セキュリティサービスに関しましてはホテル同様、24時間スタッフが常駐しておりますのでご安心下さい。
プライベートヴィラには子供を遊ばせるところはありますか?
プライベートヴィラ内には広いガーデンやプールがございます。またキッズルームやシアタールームなどお子様と一緒に過ごせる施設がございます。
バリ到着後、挙式当日までの流れはどうなりますか?
新郎新婦様が挙式2日前にバリへ来られた場合、ドライバーが空港へお出迎え致しまして、ご宿泊先のヴィラまでご案内致します。
ヴィラ到着後は自由な時間をお過ごしください。
翌日、ご宿泊先ヴィラにて挙式についてのご説明や簡単なリハーサル等をさせて頂きます。
また、オプションのリハーサルメイクをお申込みのお客様は打ち合わせ終了後にお時間を頂戴させて頂きます。お時間と致しましてはお打ち合わせが約1時間半、リハーサルメイクが約2時間程度となっております。
最終的なお打合せを前日までに完了せて頂き、挙式本番という流れになります。
挙式当日に雨が降った場合はどのようになりますか?
バリ島は4月から10月は乾季、11月から3月は雨期となり、乾季は比較的雨が少なく、雨期であっても長い時間降る雨ではなく、一時的に降る雨となります。
プライベートヴィラでの挙式スタイルはほとんどの場合、屋外での挙式スタイルとなりますので少量の雨の場合はそのままお式を開始させて頂きますが、激しい雨が降る場合はお庭に面したオープンリビングにてお式をさせて頂くことになります。
日本人のスタイリストやカメラマンはいますか?
はい、スタイリスト、カメラマンに関しましては日本人を手配させて頂きます。
高い技術を持った経験豊富なパートナーですので、大変ご好評頂いております。
また、オプションにてゲストの方のヘアセットも承ります。
ゲストに高齢者の方や子供がいますが、パーティーのお料理は変更して頂いたりできますか?
はい、もちろん変更できます。ご高齢の方、お子様、また食べられない食材等、事前にお伺いさせて頂きますので、それぞれのゲストに合ったお料理を提供させて頂きます。
挙式当日、ゲストはどのような服装で出席すればよろしいでしょうか?
ヴィラの屋外での挙式スタイルとなりますので、国内挙式のような上下スーツ、パーティードレスのような正装ではなく、カジュアルな服装をおすすめ致します。
例えば男性であれば襟付きのシャツに半ズボン、女性でれば南国リゾート風ワンピースなど、現地でお買い物をされたものをお召しになられる方も多いようです。
現地でドレスをレンタルすることは可能ですか?
はい、現地のドレス会社からレンタルすることが可能です。
ですが、現地に入られてからドレスをお選びいただくかたちになりますので、サイズやイメージに合ったものが見つからない場合がございます。
国内のドレスショップにてご試着をしていただき、お持込みして頂くことをおすすめ致します。
旅行の手配はしていただけますか? 
ご自身でお近くの旅行会社に手配して頂くこともできますし、弊社で旅行会社をご紹介させて頂くことも可能です。お気軽にご相談下さい。
バリ島についての情報を教えて下さい。
気候について
年間を通して平均気温は25~33度で湿度が高く、4月~10月頃が乾季、11月~3月頃までが雨期となっております。
乾季は雨が少なく、気温は高くてもカラッとした気候ですので涼しく過ごしやすい、雨期はスコール(一時的に強い雨が降る)が多い時期となっております。乾季は朝晩少し肌寒く感じることもございますので羽織りものがあるとよいかと思います。
時差について
日本と日付けは変わりません。時間は日本のマイナス1時間となります。
日本からの飛行時間について
乗り換え時間等ありますが、約8時間となります。
言語について
言語はインドネシア語となりますが、英語・日本語が通じる施設が多数ございます。
通貨
インドネシアルピアになります。桁が多いので0をふたつ取ったくらいの金額が目安です。
例えば10000ルピア=100円
インターネット環境ついて
Wi-fi無線LANが普及しておりますので、よほど繋がりにくい場所でない限り利用が可能です。
チップについて
チップの習慣がない国ですのでそれほど気にすることはございません。
親切にして頂いた場合の気持ちで5000ルピアから10000ルピアを(日本円100円程度)お渡し頂く程度で十分かと思います。